自身の強みを理解し、強みで成果を出し、仲間の強みも引き出していく人<研修で得た気づきの投稿5/9>

  

ストレングスファインダーを通じて強みを知り、日々強みを活かしながら成果を出し続けている、共同代表のゆかさんのご紹介です。

ラブソル社の公式noteは、こちら

 

 

ゆかさんは、2011年にストレングスファインダーに出会い、そこで見つけた強みをずっと磨き続けている人です。

今回の研修を、「ラブソルを世界一働きやすい会社に」するために行うと決めたのも、最上志向(1位)×個別化(2位)あってのもの。

 

一緒に働く人が自分の強みを理解した上で、適切に自己開示をする。それを可能とする心理的安全性を担保しつつ、一人ひとりの自律した行動をうながしていく。

 

それがゆかさんの経営スタイルなのだと思います。

 

ゆかさんの記事はこちらです。

「私の才能はすべて『人』に向かっていく。人の魅力をかたちにして伝えるプロデューサー」

 

 

みかさんの二人で始められた会社も、今では人数が増え、インターン生も受け入れ、それぞれが社内で活躍をされています。

 

ゆかさんの個別化×アレンジの強み、そして包含×親密性×ポジティブ×社交性による温かさ。

 

素敵な経営者だなと思います。 

 

 

ラブソルさんとは、また一緒に働きたくなる。

 

そう思わせる強みが、ゆかさん、みかさんの共同代表お二人にあります。

 

 

ますますラブソルさんは多忙になりそうな、そんな予感がします。

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから